スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンポスト(トイレ兼)

2014.07.21 11:00|暮らしかた
台所の生ごみ処理と、トイレを兼ねて
コンポストを作成した。

以下、作成手順。
犬ネコがかなり写りこんでいるが
どうぞ、お気になさらず。


段ボールをもらってきて
IMG_1217.jpg


カッター(大)で切れ込みを入れ、
IMG_1215.jpg


パカッと切れたら
IMG_1214.jpg


コンテナにぴったりの大きさにして
中へ入れ込む。
IMG_1216.jpg

内側は念のため
あと2枚段ボールを重ねてある。

この上に、
便座がわりの板を置いて
できあがり。

(便座は余りものの板を組み合わせて作ったんだけど
 素人には大変だった・・・)

あっ、そうだ。
コンテナがあまりにも古くて
座ると壊れそうだから(笑)
周囲を板で補強したんだった。
写真は撮り忘れているので、また今度。


コンポストの中身(基材)は
段ボールコンポストと同じで
もみ殻くんたん+ピートモス。
これに米ぬかを混ぜようかと検討中。

普段は段ボールでフタをしておく。


コンテナは、
牛乳とかをトラックで配達するときなどに
使うものだと思うけど・・・。
そんなに大きなものではない。
実家から貰ったもので、そうとう古いから
メーカーどこかしら?
よく見えない。 
(・・・●永?)



今のところ、まだ小屋には住んでないので
作業合間のトイレにしか使ってないけど。
使用頻度は 2日に1回くらいかな・・・。

室内に置いといても
とりあえず匂いもないし、大丈夫そう。

もし分解能力が間に合わないようなら
もう一回り大きくしてみるかな。


本日のひとこと
「トイレがあるだけで安心して作業ができる」


(汗だくでお店に借りに行かなくていい)



狭小住宅 ブログランキングへ
スポンサーサイト

介護世代 (続)

2014.07.15 12:00|日記
建物ができて1か月になるけど
まだ電気がこない。

電気なしでできる作業をしているけど
とにかく暑い・・・。
朝の2時間くらいしか作業ができず
ほとんど進まない。

これが秋か冬だったらなぁ、と考えるけど
しょうがないやな。

写真はもうちょっとしたら載せられるかな。



さて、前回は
父の様子について記事を書いたけど
もうちょっと補足。
(小屋暮らしに ほとんど関係ない・・・)

夕食前に父の手元をチラッと見ると、
夜のお薬、8錠。

なんど数えても、8錠・・・。
すごい数だ。

薬は朝・昼・夕で飲んでいる。
一日1回の薬もあるはずだから
いったい何種類・何錠の薬を飲んでいるのだろう・・・。

病状がコントロールしにくいから
強い薬もある、とか母が昔言ってたような・・・。
薬代だけでひと月にイチマンエン前後とか
聞いたことあるような・・・。
健康保険が適応されて その金額っていうことは・・・。
(父はこんなこと無頓着)

こんな人たちのために
私は高い税金を払ってきたんだな、と情けない。
(国民皆保険の弊害でもあると思う)


こうして文章にすると
父っていったいどんな人間なんだろう、
と思えてきた・・・。


いずれは同居して介護になるんだろうけどさ、
やっぱり避難場所としての小屋は確保しておこうと思う。
(後ろ向きの目標だね)

もともとは
自分だけの小屋ライフを楽しむのが目標だったし
それはモチロン変更なしだけどね。



上の文章の途中に、(小屋暮らしにほとんど関係ない・・・)という
注釈を入れたが、
「まったく関係ない」としないのは
父の姿をみて私が育ったから。
生活習慣病その他もろもろ、いろいろな意味で
親の背中を見て子は育つ。

それと諸条件が重なって
結果、私が小屋暮らしを選択。

なので 父の話は
「ぜんぜん小屋暮らしに関係のない話」とは
言えないのだ。

もちろん母についての話も
(語り始めれば) てんこ盛りである。


まさか このブログに
こんな記事を書くことになるとは
思ってもみなかったけど。


本日のひとこと
「風が吹けば桶屋がもうかる」


(何かがどこかでつながっている)



狭小住宅 ブログランキングへ

介護世代

2014.07.09 19:50|日記
父の身体機能が徐々に悪くなってきた。
すこし体調が悪いと、
なんでもないところで転倒したあげく
立ち上がれない。

もともと、生活習慣病の見本市のような人で
何年(何十年)も 山ほどの薬を服用しているが
生活習慣そのものを改善しようという気は
さらさら無かった。

なので、
病状が悪くなってもいいと思っているんだろうな、と
解釈していたが

ここにきて身体機能がガクッと落ち、
不安が大きいらしい。

ということは
薬さえ飲んでおけば大丈夫、と思っていたのか。
そうであれば
主治医があんなに怒るはずがないのにね。
そんなことも理解できなかったのか。

病気がコントロールできていないのに
いまさら身体機能が良くなるはずもなく、
悪くなっていく一方だろうことは明白。
(すでに介護予防教室に通っていてコレなんだから)

ハッキリ言って
後の祭り、自業自得である。

これまで、
経済観念がまったくなく
仕事もまともにせず
威張り散らすばかりの父に
私はひどい迷惑をこうむってきたのだが、
これほどまでにバカな人間だったとは思わなかった。

ちなみに私は、
男性とか結婚に対して なんの期待も抱けない。
姉妹は結婚しているので
この家庭だけのせいではないかもしれないけどね。


父は、もしかすると年内~来年くらいには
要支援・要介護状態に移行してもおかしくない。

そうなったら
「同居して介護」 という案も出てくるわけで
その前に土地を購入して
建物の目鼻までは つけておきたかった。

ギリギリ間に合ったわけだ。





本日のひとこと :なし。




狭小住宅 ブログランキングへ
ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。