スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床1 (ほうき+フローリングワイパー)

2015.01.30 10:21|建物
屋根のペンキと並行して
床の掃除をやってみた。

コンテナの床だし
私や工事の人が土足で入ったりして
(それも雨の日に!)
ドロドロ・・・。

まずは ほうきで掃いてみる。

ホコリがすごい。

これはヤバいと思い、
水でぬらした新聞紙をちぎって床にポイポイ。

こうするとホコリが立ちにくい おばあちゃんの知恵袋。

IMG_1358.jpg


写真には写らないけど
いや ものすごい量のホコリとゴミ。

IMG_1359.jpg

新聞紙がドロドロのボロ雑巾みたいになった。
これで床面積の1/4くらい。
すでに荷物を運びこんでしまっているので
一度にぜんぶはできないんだ・・・。


ちょっとサッパリしたところで
雑巾がけをする予定だったんだけど

フローリングワイパーでゴシゴシすれば
雑巾がけが少しは楽じゃない? 
と思いついた次第。

やってみた。
IMG_1386.jpg

ボロ雑巾、ふたたび・・・。

いっけんツルっとして見える床面だけど
フローリングワイパーの繊維が
引っかかってしまい、
ぜんぜんダメだった。

それでも こんなに茶色くなったから
少しは効果はあるみたいだけどね。

しょうがないから地道に雑巾がけするか・・・。



本日のひとこと
「文明の利器を使うには相応の環境が必要」


(ふつうに暮らしてると気が付かないね←当たり前)



狭小住宅 ブログランキングへ
スポンサーサイト

屋根3 (サビ止め2回目)

2015.01.25 10:57|建物
サビ止めの2回目。
これで終了のはずが、案の定
ずぶの素人はいろんな間違いをするのだ(笑)。


さて、
前日に塗った1回目(下塗り)は
なんか黒っぽく変色している。

IMG_1401.jpg
真ん中の雪だるまみたいな部分。
写真では色がわかりにくいね。

おお~、
「赤サビを黒サビに変える」 と謳われているヤツか !?

それにしても、24時間で変化するって早いねぇ。
これを見て、だいぶ安心した。


そんじゃ、本日の作業に着手。

サビキラーを もう一度かき混ぜて、と。
(昨日の下塗りでも混ぜている)

IMG_1394.jpg
(箱から出しさえしない横着者)

赤い棒は、ドリルドライバにつけて
ペンキを混ぜるもの。
名称は忘れた・・・。
ホームセンターで700円くらいだった。

あ、水を100ml くらい入れている。
なんとなく・・・。


えーっと、
屋根全てに塗るから
どのくらい必要なのかな・・・。

まぁいいや、てきとうに
ピクニック用のプラスチックのコップで
2杯くらいをバケツに移し
(いや3杯か4杯は移したかも)
IMG_1395.jpg


今回はローラーで塗る!
小さ目のローラーを選んだので
けっこう使い勝手は良い。
コンテナの壁面凸凹も
どうにかハケなしで大丈夫。
(ここポイント高し)

作業時間、1時間強。
思ったよりは速かった。

けど・・・。
IMG_1402.jpg

ムラだらけだし
地色も隠れてないし・・・。

これじゃ、効果なくないかい?
まずいんじゃないかい?
使用量がずいぶん少ない気がするし。

鉄板にローラーだから?
でも昨日、ハケでもぜんぜんキレイにできなかった。

もしかして、いま塗られている塗料が
フッ素系ではあるまいな?
その場合、サビキラーは乗らないとか何とか
説明書に書いてあったような・・・。
うひ~~~。


と、また不安な思いを抱えつつ
翌日にもう一度、塗ることにする。

次は ㎡ あたりの使用量を
もうちょっと意識しよう・・・かな。



本日のひとこと
「ローラーは楽しかった」


(意外にも)



狭小住宅 ブログランキングへ

屋根2 (サビ止め・下塗り)

2015.01.20 10:14|建物
使用したサビ止めはコチラ

BAN-ZAI社、サビキラーPRO


Amazon




楽天





今回は とりあえず4㎏缶を購入、
15,000円くらいだった。
(また買い足すけどね)

サビ落とし(ケレンていうのか?)が必要なくて
サビの上に直接、塗れて
サビてないところもOKだし
水性だしで、

とにかく扱いがラクそう!
素人にも扱えそう!

というのが決め手だった(笑)。
値段は高いけどねー。

しょうがない、
業者さんに依頼すると
もっと高いから・・・。



さて、説明書通りに屋根に塗っていく。

まずは下塗り、
サビの深いところだけ
水で薄めた(1:1)サビキラーで下塗り。
ハケ使用。

目立つサビも小さなサビも、
とりあえず ぜんぶに塗ったところ。
(すでに説明書通りでナイ)
IMG_1400.jpg


・・・・。

何とも形容しがたい、違和感・・・。
小学校の学芸会レベルだよな、これ・・・。
なんか海の劇でもやんのかよ・・・?

大丈夫かしら、こんなんで・・・。

と、かなりの不安を残しつつ
翌日へ続く。


本日のひとこと
「ハケが楽しくない」


(この点でも先行き不安)



狭小住宅 ブログランキングへ

屋根1(水洗い)

2015.01.10 10:05|建物
今回の記事から、
小屋に手を入れていく様子をお届けする。
(やっとだな!)
前回の記事で述べた通り、真夏の作業。

建物はコンテナ、20フィート。
もちろん中古。


けっこうなサビ具合だ。

(これは屋根の写真)
IMG_1356-1.jpg

赤茶色の部分はサビ。
グレーのところは、
業者さんがサビ止めを塗ったんだと思う。


とにかく、サビ止めをしないと
そのあとのことが何もできない。

サビ止めペンキはネットで注文したので
(ペンキを選ぶまでに4~5日かかったけど;笑)

それが届くまでに下準備、
すなわち 
たわしでゴシゴシ洗うのだ。

高圧洗浄機なんて持ってないし。
この時点では、
電気も水も来てないし。

なので、
家から水を運ぶところから手動で。

いちばん怖かったのは
水を入れたタンクを、屋根に運ぶとき。

錆びたハシゴを使っているので
自分の体重+水の重みで、
いつハシゴが折れるかと心配で心配で・・・。

高所恐怖症もあいまって、
かなり怖かった。

加えて、
炎天下にフライパンのような屋根で
作業をするのも、そりゃーキツかったわ。

作業時間は2時間くらいかな?

水道が引いてあれば
ポリタンクを持って屋根に上がる手間が省けるので
1時間、かからなかったはずだけど。


えー、作業が終わってみれば
使った水の量は、案外少なかった。
ずいぶん節約して使ったからな。

ちょっと計算してみるか。

12Lポリタンク×2コを使い、
5~6Lずつ水を入れてハシゴで屋根に上げる。
(12L 入れちゃうと、とても持ち上げられない)

これの4回ぶんで、屋根が洗えたので・・・

(6L×2)×4=48L 

家から持って行った水は
・45Lゴミ箱×1つ
・12Lポリタンク×2コ
・その他

合計して 80L以上ってとこか。

30Lくらい残っているような気がするので
だいたいの計算は合ってるか?


作業を始める前は、とにかく
「水を屋根まで持って上がれるか」 が
イチバンの懸念事項だったけど
案外、成せばなるもんだった。

もう二度としたくないけどね!
(おいおい、外壁の水洗いがまだだよー)

翌日、利き腕(右)が筋肉痛だった・・・。



次回、サビ止めを塗るのだ。




本日のひとこと
「為せば成る」


(・・・何度目かな。)



狭小住宅 ブログランキングへ

建物 改修日記

2015.01.02 10:12|建物
明けましておめでとうございます。

ちょっとずつ進んでいる、小屋の話をUPします。
しかし、今回UPする話は半年近く前のことなんだよな・・・。
(つまり真夏の作業)

外での作業は
リアルタイムで記事UPしたくないから(なんとなくね)
記事だけは下書きしといて、
時期をずらしてUPしようと思っていた。
そしたら そのまんま忘れていた。

あと
ここ最近、手元不如意になってきて
パートで仕事を始めたら
1週間に6日も働くはめになったという
アホみたいな生活だったためでもある。
ブログのこと、すっかり忘れてた(笑)。

ということで
暑さ・寒さが逆転しているので
時差を考慮して読んでください。

============================


建物は
20フィート ドライコンテナ。

約8m×2.5m
室内は7.5畳らしい。

搬入当日。
IMG_1325.jpg


さっそく荷物を運び入れた。
IMG_1329.jpg


うう・・・
ごちゃっとしているけど
これで荷物がほぼ全てだと思えば
少ないほうではないかな・・・。


で、そのままでは暑いやら何やらで
まったく住める状態ではなく、
コツコツと手入れ(リフォーム?)が必要。

なんと、半年後の現在も
まだ作業は途中なんだなー(笑)。

このころ(半年前)は
作業中の写真を何枚も撮っているので
これからUP予定。






狭小住宅 ブログランキングへ
ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。