スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根7(断熱塗料1回目+2回目失敗)

2015.02.20 10:09|建物
断熱塗料の1回目、続き。
前日にぬれなかった部分があったので
そこを仕上げた。

とりあえず屋根1回目の塗装は
済んだわけだ。


時間を置いて2回目の塗装を開始。
ハケの使い方がよくわからないけど
2度塗りすると塗装ムラも目立たなくなりいい感じ。

と思っていたら
1/4くらい塗ったところで
東の空に雨雲が・・・。

案の定、そのあと大雨で
キルコートは溶けて流れてしまった。
雨粒の丸い跡もついちゃったし。

あー、無駄なことをした。

いちおう、屋根に残ってる水は
ほうきでかき出して
早く乾くようにしたけど、

これで やる気が失せたし
屋根はまだ濡れていてこれ以上は塗装ができないので
作業終了。

この後しばらくの天気予報は
通り雨とか、にわか雨とか、雷雨とか・・・。


本日のひとこと
「いつになったら終わるのさ塗装 !?」


(いいかげん、次の作業もしたい・・・)



狭小住宅 ブログランキングへ
スポンサーサイト

屋根6(断熱塗料1回目、残り半分)

2015.02.16 10:08|建物
この日は朝から作業を開始。

きのう塗った部分を見てみると
まだ乾いていない・・・。
とくに、塗料が分厚く垂れている部分・・・。

ゲゲ、と思うが
この日は天気がいいので放っておくことにする。

さて、これでローラー作戦は失敗とわかったので
屋根の残り半分は
ハケを使うことにした。

小さいハケしかないけど、
やってみると薄~く塗れて
なかなかいい感じ。

ローラーでムラになるのを気にしながら塗るのと
それほど時間も変わらないかも。
こんなことなら
サビ止めもハケで塗ればよかった。

今日明日じゅうに
ちゃんと幅広のハケを買おうと決心した。


それにしても・・・
真夏の直射日光の下で塗料を塗っていると、
塗ったはしから乾いていく感じ。
いや、これでも朝8時とかなんだけど・・・。
太陽光線、恐るべし。

(注:作業は半年前。7~8月の真夏日だった)

その後、乾いた部分を触ってみると
まだまだ熱いものの、
なにも塗っていない部分と比べると
温度差は歴然。

あと2回、塗り重ねる予定なので
今のところはじゅうぶんだね。


コンテナ内の温度
朝9時 35℃

これでも、前日よりは涼しいと感じる。


そうそう、ゴミ箱に移したキルコート。
乾燥してはまずいので、
作業後はビニール袋でおおって
マスキングテープで封をしてある。

IMG_1422.jpg

閉じる前に霧吹きで水分も与えといた。
きのう今日の時点では大丈夫。


本日のひとこと
「ちょっと塗装に慣れてきたかも!」


(前頭葉に感謝)



狭小住宅 ブログランキングへ

髪を切る

2015.02.14 10:08|日記
先月から、自分で髪を切っている。
いわゆる「セルフカット」とやらか。

1.前提。
・美容室に行くのがイヤダ。
・なぜならば、美容師さんと挨拶や話をするから。
・雑誌を読めばいいじゃん、とよく言われるが
 まるっきり無言なわけにはいかないのが私。

 「よろしくお願いします」
 「この辺をこうしてああして」
 「OKです」
 「ありがとうございました」

 ヒトとして、この程度は話さないと。


2.格安カットに通ってみた。
・さいきん増えた、700円くらいのとこ。
・どのスタッフにあたるかで、大違い・・・
・いちど、バリカンで刈り上げされた。
 あれっ? と思ったときには もう刈り上げが始まっていた。
 いくら何でも、40手前の女が そんな髪型するかよ・・・
 せめて「バリカン使っていいですか」くらい聞いてくれよ・・・
・そのうえ、上記レベルの会話はやはり必要。

3.そんなこんなで、髪を切るのがとっても苦痛な私。
カットの間隔が、1か月・・・3ヵ月・・・半年へと開いていき、
どうにも見苦しい時期が長くなってきていた。

セルフカットは以前に試して
どうもうまくいかなかったんだけど、
(しかし本を読んで勉強するとかはメンドウクサイ)

今回、モノは試しと思って

うつむいて(髪を下へ向けて)セルフカットに挑戦。

仕上がりイメージは
ショートボブ(つまり、たくさん梳いたおかっぱ)。

出来ました。

えり足は、自分ではむつかしかったので
家族に見てもらい、
正味20分ほどだったろうか。


そんで、パート先で
「あら、似合うね!」 と言われた。

それまで
ショートが伸び放題になった
とんでもなく みっともない髪型だったせいもあるけど、

じつは
自分で見ても けっこう似合っていた(笑)。


欠点は、やはり仕上がりは荒いので
少し伸びると変な髪型になること。
最低でも月に1度はカットしたほうがよさそう。

こないだ 2度目のカットに挑戦したところ、
前髪・横・後ろのバランスが
どーにも悪くて、
「こりゃー美容師さんに直してもらわんといかんか?」と思ったけど
やはり モノは試しだ、と思い
2~3日後に再挑戦。

したら、できた。


もともと、2~3ヶ月に1回は
美容師さんに調整してもらうつもりだったけど

こりゃ、いつまでも セルフカットでいけるかもしれない、と
淡い期待を抱いている所存でございます。

しかしながら
カットしている姿は
たとえ家族にも見られたくないなー。

腰を曲げて、
髪をぜんぶ逆立てて(下へ向けて)、
そのまんま、鬼婆ァ。

いいんだもん。

金銭的・時間的・精神的なメリットがあるから。

本日のひとこと
「注意するべき ただ一つことは
 楽しいからって切りすぎないこと・・・」


(ホントに危険です。)



狭小住宅 ブログランキングへ

屋根5(断熱塗料1回目)

2015.02.12 10:08|建物
コンテナは単なる鉄板なので
熱を通すこと通すこと・・・。
真夏の直射日光の下だと
室温はうなぎのぼりで40℃近くなる。
(外気温は32~33℃)

いくら換気をしても
屋根と壁から熱気が伝わってきて
とても中に居られたもんじゃない。

すぐに思い浮かんだのは
「外壁に遮熱塗料を塗ること」だったけど
そうなると、
冬に太陽熱を利用できない。
室内で暖房をしても、
温めた空気が鉄板を伝わって どんどん外に逃げるから
むちゃくちゃ寒そう・・・。

で、調べていくと
さいきんは いい塗料がたくさんあるようで、
遮熱に加えて
断熱(保温)もしてくれるのがあるんだって。

最終的に選んだのが
ハイブリッド塗料とやら。


来た来た・・・!
IMG_1415.jpg



キルコート(主剤;クールホワイト) 12kg






さーて、3日間あけて
サビ止めもじゅうぶん乾いたので、
キルコート塗っても大丈夫だな。

まずは
キルコートの缶の口が小さくて、ミキサーが入らない・・・。

ううーむ。
缶切りで切るか・・・と
100均で缶切りを購入したけど、
3回キコキコすると刃が折れた。

なんのこっちゃ。


しょうがないので
使ってない20Lゴミ箱に、中身を空けることにする。

キルコートの容器をひっくり返すと、

・・・モッタリ、 ・・・・ポッタリ、 ・・・・ポッタリ、 と

ゆ~~~っくり落ちてくる。
今まで使ってきたペンキとは大違いだー。
しっくい よりは柔らかいけどー。
モルタルってヤツに近いんだろうか?

どうにか、ゴミ箱に移し終えて
既定量の水(150ml)を入れ、
ミキサーを回すんだけど・・・混ざっている感じがしない。

とてもモッタリとしていて、
全体をかき混ぜるにはミキサーのパワーが足りない感じ。

専用のミキサーでないと
混ぜきれないのかもしれない。

でもそんな道具はないので
ミキサーを上下左右に動かしながら
何分か混ぜ続ける。

このあたりで面倒になって(いつものこと)、
もう塗り始めることにして・・・

ローラーで塗り始めるものの
ムラになりすぎ!!

まるで生クリーム。
7~8分立ての生クリームの感じに近い。
こんなん、ローラーで塗ることに無理があるんじゃ・・・

などと思いつつも
どうにか屋根半分を塗り終えたけど、
塗料が垂れている部分もあるし
またまた不安がつのる仕上がりになってしまった。

とりあえず様子見ということで
ここまでで作業終了。

次の日に続く。
(案の定、変なことになってたよ)



本日のひとこと
「いいの、試行錯誤するから・・・」


(経験者へ・・・ゆったりと見守ってくらさい)




狭小住宅 ブログランキングへ

屋根4 (サビ止め3回目)

2015.02.08 10:43|建物
サビキラーPROを重ねること、3回目・・・。

まだムラがある・・・。
と思ったけど、乾いたら そうでもないかも。

IMG_1417.jpg
(右側のアップになってるのは脚立;笑)


この日は夕方6~7時にペンキを塗ったんだけど
夜9時には雨が降り始め、
9時半には大雨。

カバーなんかしてないよ!
乾燥時間は2時間となっているけど
どーなの。

と非常にやきもきしたけど
どうやら大丈夫だったみたい。

よかった・・・。

屋根に何回も上がって
高所恐怖症も克服できてきたし
良かったよかった。



このころ、遮熱・断熱塗料が届く。
塗るのが楽しみ。


本日のひとこと
「サビ封じ込め作戦、ほぼ終了」


(ホッとした・・・)



狭小住宅 ブログランキングへ

コメントありがとうございます

2015.02.03 22:00|日記
ブログ再開したら
コメントをちょくちょくいただいております。

みなさま、ありがとうございます。


というか、やっぱコメント返しが苦手で・・・
タイムリーどころか
ろくに返事してないス。


そうそう、コメントで
「床にフローリングカーペット」のご提案ありましたね。
犬の足がすべるんじゃないかな・・・と
保留にしております。
(前のアパートで使用していたけど盛大に滑っていた)


んで、言い訳なんですが

現在UPしている記事は
ほぼ半年前に書き溜めたものです。

それを単純に次々と予約投稿しているので、
コメントいただいても
その次の記事で
真逆のことをしていたりします。
(上記フローリングカーペットのときが そうだった)

当然、「なんじゃコイツ!」と思われるでしょうが
どうぞ「半年前、半年前。」と唱えてくださいませ・・・。


その他のコメントについても
アイディアはちゃっかりいただいて
検討させてもらっております。

おほめの言葉は特にうれしい(笑)。


実は、
「コレほんとに住めるのか?」と思いつつ
現在に至るわけですが

まあ、とにもかくにも
年度内はがっつり仕事中心の予定なので
(この辺はいずれ記事にしたい)


生温く見守ってくださるとありがたいです。

床2 (木材選定とサンダー)

2015.02.01 10:48|建物
床に何をしくか、ずいぶん迷った。

市販のフローリングを敷くなら
無垢材がいいけど、
もともとがキレイなフローリングに
犬の爪痕がつくと
たいへん見苦しいんだよな。

コルクも敷いてみたいけど
猫が爪をとぐからダメ(実験済み)。

カーペットは
掃除機とかコロコロが必要になるので、論外。

できれば、そのへんで木材を買ってきて敷きたい。
ジャンクな感じなら
犬の爪痕も 「味だ」 と言い張れるよな。

いちばん安あがりで作業の手間も少ないのは、
室内用のサブロク合板を敷くこと。
以前、古民家を借りていたときにやったことある。
でも風情はない。
今回はある程度の雰囲気も欲しいので
この案は採用したくないんだよね・・・。

かといって
予算はあんまりかけたくないし・・・と
迷って迷って
とうとう杉板を購入してみた。

一坪、4,000円くらいの。
(厚15mm × 長2m × 幅は忘れた・・・ ×10枚)

厚みがないので、
下に何か敷かなきゃいけないし
たぶん反ってくるのも対策必要だけど、
そのへんは後で考えることにする。


さて、
表面がささくれているので
サンダーで磨く。

作業は実家のガレージで。
日陰なので昼間でも作業ができる。
汗だくにはなったけど。

磨いてるところ。
IMG_1398.jpg

作業台になりそうな机もあるんだけど、
ガレージでモノに埋もれていて
まず出すとこから大変なので、
地面に直に置いている。

やってみると、このほうが
体重を掛けて押さえられるので
やりやすかった。
腰と膝は痛いけど。

実は小さい台の上に置いてみたけど
サンダーの圧力に木が動いてしまい
ボツになった。
なんとかいう道具で木材と机を固定する、とかは
素人なのでメンドイ。

10枚、出来上がり。

IMG_1399-1.jpg

正味、1時間くらいかかったかも。
飽きっぽいから 休憩が多いんだよね(笑)。


いまは粗目の紙やすりしか使っていないので
表面は まだちょっとザラザラしている。
細目も使ったほうがいいのかなぁ。
でも、もう飽きてきたし
あと3坪ぶんやらなきゃだし。
今後、フローリングワイパーを使うわけでもないので
とりあえずヨシとする。


床の雑巾がけがまだだけど
できあがりをイメージして
床に置いてみた。

IMG_1416.jpg



ううーん、安っぽい(笑)。

あと、やっぱり下に合板かなんかを敷いて固定しないと
ポコポコするなあ。



本日のひとこと
「もうちょっと悩むか・・・」


(杉板は棚用に流用してもいいし)




狭小住宅 ブログランキングへ
ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。