スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根1(水洗い)

2015.01.10 10:05|建物
今回の記事から、
小屋に手を入れていく様子をお届けする。
(やっとだな!)
前回の記事で述べた通り、真夏の作業。

建物はコンテナ、20フィート。
もちろん中古。


けっこうなサビ具合だ。

(これは屋根の写真)
IMG_1356-1.jpg

赤茶色の部分はサビ。
グレーのところは、
業者さんがサビ止めを塗ったんだと思う。


とにかく、サビ止めをしないと
そのあとのことが何もできない。

サビ止めペンキはネットで注文したので
(ペンキを選ぶまでに4~5日かかったけど;笑)

それが届くまでに下準備、
すなわち 
たわしでゴシゴシ洗うのだ。

高圧洗浄機なんて持ってないし。
この時点では、
電気も水も来てないし。

なので、
家から水を運ぶところから手動で。

いちばん怖かったのは
水を入れたタンクを、屋根に運ぶとき。

錆びたハシゴを使っているので
自分の体重+水の重みで、
いつハシゴが折れるかと心配で心配で・・・。

高所恐怖症もあいまって、
かなり怖かった。

加えて、
炎天下にフライパンのような屋根で
作業をするのも、そりゃーキツかったわ。

作業時間は2時間くらいかな?

水道が引いてあれば
ポリタンクを持って屋根に上がる手間が省けるので
1時間、かからなかったはずだけど。


えー、作業が終わってみれば
使った水の量は、案外少なかった。
ずいぶん節約して使ったからな。

ちょっと計算してみるか。

12Lポリタンク×2コを使い、
5~6Lずつ水を入れてハシゴで屋根に上げる。
(12L 入れちゃうと、とても持ち上げられない)

これの4回ぶんで、屋根が洗えたので・・・

(6L×2)×4=48L 

家から持って行った水は
・45Lゴミ箱×1つ
・12Lポリタンク×2コ
・その他

合計して 80L以上ってとこか。

30Lくらい残っているような気がするので
だいたいの計算は合ってるか?


作業を始める前は、とにかく
「水を屋根まで持って上がれるか」 が
イチバンの懸念事項だったけど
案外、成せばなるもんだった。

もう二度としたくないけどね!
(おいおい、外壁の水洗いがまだだよー)

翌日、利き腕(右)が筋肉痛だった・・・。



次回、サビ止めを塗るのだ。




本日のひとこと
「為せば成る」


(・・・何度目かな。)



狭小住宅 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

No title

こんにちは...ごぶさたしていました。
久しぶりの更新、興味深く読ませていただきました。

手元にすぐ使える資金が無いと辛いですね、切り崩すのはもっと辛い。最も私には切り崩す物さえ有りませんが。

でも、週5とは随分と思い切った仕事を始めましたね。お体、おきお付けください。
私のblogにリンクを張らせて頂きました。事後承諾の様で申し訳ありませんがご了承の程、お願い申し上げます。
非公開コメント

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。