スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窓の追加

2015.05.08 10:37|建物
昨日の記事で書いたとおり
本日のハナシは窓&通風。

=======

採光や通風をあれこれ考えて
窓を開けたはずなのに・・・

窓のサイズが小さすぎて
風が通らないコンテナになってしまった。

つーか、窓のサイズって
外枠の大きさで表示されてるんだね。
開く部分は、表示マイナス10㎝だったわー。
(そんなことも知らんかったのよ)


実は、あまりにも風がとおらないため
追加で窓を作ってもらったのだが、
お金がかかったわりに
通風はあんまり改善しなかった。
(開口面積が足りなかった)

なので、こんどは自分でコンテナの壁に
穴をあけることにした。
(一大決心だ)

波々になっている壁は後の始末がワカラナイので、
とりあえずは 西側の平らな鉄板部分をチョイス。
(この地域は 夏に西風がよく吹く)

鉛筆で下書き(写真では ほとんど見えないけど)
IMG_1861.jpg

下書きした部分をアップで。
心の目で見てください(笑)。
IMG_1862.jpg


ドリルで穴を開け(これが初めのうち大変コワかった)、
その穴にジグゾーを入れて切断していく。
IMG_1863.jpg

予定よりも大きく開口できることに気が付いたので
途中で右方向に幅を足した。
(真ん中のタテのカットラインが、本来の予定だった)

シロウトで非力な人間がカットするので
線もゆがみまくり。
この後、どう始末をつけるつもりなのか(笑)。

あとね、切った部分が長くなると
ジグゾーの振動で 鉄板がぶれるの!

途中からは、
鉄板を左手で支え
右手でジグソーを操作しての作業だった。


切り取った鉄板!
IMG_1864.jpg

ずっしり重い。


実はこの作業、
半年以上前からやりたかったんだけど
コワくて先延ばしにしていたのだ。

いったん手を付けると やり通すしかないので、
とちゅう泣きそうになりながらも
どうにか作業した、というのがホンネ。


ぽっかりと開いた穴。
IMG_1865.jpg


これが開いて、風通しがグンと良くなった。
やっぱり参考文献は正しかったわー。

今後の予定は
・サッシ代わりに木で枠を
・ガラス代わりに板を
要するに
木の窓にしようと思う。
(ガラス加工技術がナイってだけの話ですよ)

しかし この日は
天井の木枠も同時並行で作業をしており
たいへん疲れたので、
そのへんのビニールを張り付けて終了(笑)。

だいじょぶ、泥棒さんも入りませんでした。

そして翌日は筋肉痛でした。


作業覚書
・細かい鉄クズが散らばるので
 養生するか、モノを片づけておく。
・ドリルは壁面に直角にあてること。
 でないと、ちょっと空いた穴に ビットの溝がはまって
 ドリルが止まってしまう。
・ドリル穴1個ではサンダーの刃が入らないので、
 穴を2コ開ける(穴どうしをつなげるときはドリルをナナメに使う)
・サンダーは火花が散る&鉄クズが身体に当たってイタイ。
 ゴーグル、長そで、首元タオル、手袋は必須。
・集中が切れてきたら すぐに休憩を。
 もし失敗したら救急車レベルになりそうだから。
・最後に掃除機を念入りに。

いっぺん経験したら、
もう1コくらい窓がほしいかも(笑)。
いやいや冬のスキマ風を考えたら
このくらいにしとけや、自分。


本日のひとこと
「またレベルが上がってしまった」


(DIYレベルを超えた気がする)



狭小住宅 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

No title

ガラスの加工が難しければアクリル板という手もあるかもですね。
家具の扉にも使われてますし、強度もありますしデザイン(透明やら磨りガラス状のものも)も豊富ですし。

No title

どうもー。
ウチは紫外線100%カットが女性に嬉しいポリカで窓を作りましたよ。
板だと高いけど中空ポリカというやつなら加工も簡単で断熱性も少しあるらしいです。
ウチもすきま風だらけなので断熱性は検証できませんが…。

No title

更新されるのを楽しみにしてます。
できればもっと色々な写真を見てみたいです。
非公開コメント

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。